前へ
次へ

数値よりも肌に刺激を与えないことが大事

「SPF50+」「PA++++」のように、高いUVカット力を謳うコスメでも、刺激が強いイメージも拭えません。
シミの原因になるメラニン細胞を活性化させない、抗酸化力には必要となるものの、強力だから落ちにくいのなら手を出しにくいものです。
紫外線や乾燥などの環境刺激から肌を守る、今や素顔でいるより肌にいいのは分かるけれど、落ちないのなら、それに順応するクレンジングに頼らざるを得ないのではないでしょうか。
クレンジングの際には、メイク浮きを前提にするオイル系がありますが、必要とする皮脂までも一緒に落としてしまいかねません。
だからこそ、強力などを謳うUVクリームをチョイスするならば、水だけで落ちるなどの、優しいメイクオフができる製品を手に取りましょう。
かといって、UVクリームも好みの量でいいのかと言えば、それは間違いです。
実は、ほとんどの人が使用量不足なのです。
これはやはり、強力に落ちない、けれど洗顔だけでは落ちにくいことが根本にあるからでしょう。
しかしそれでは紫外線防止効果は発揮されません。
絶対に焼かないのなら、使用感や使用シーンで選ぶことも覚え、塗り残し、ムラなく塗ることも大事です。

Page Top